こんにちは!
2016年ももう半月以上が経過し、時の流れの早さが身に染みているRisottoです。1月から3月は、体感的に時が過ぎるのが早いそうで、昔の人は月の頭文字をとって「往ぬる、逃げる、去る」と言ったそうですよ。このまま「サーッ」って、年を重ねるのかと思うと何だかゾッとしますが、ここ最近の寒波到来は女の私には堪えるようで、早く暖かくなって欲しいとも思います。

そういえば、編集長は「輝く街WANGAN」なんて言ってたけど、今の私にとっては「寒い街WANGAN」。ここに住んでいると、結構な確率で「風」と戦わなければいけません。特にこの時期、運河を吹き抜ける風は物凄く寒く、雨なんて降った日には出かけるだけで相当な覚悟が必要です。でも、嘗て山手線内に住んでいた頃もビル風に悩まされていたので、それと比べればあまり変わらないし、湾岸に限ったことではないのかもしれません。

そんな私の寒さ対策は、ズバリ「貼るカイロ」です。女性にとって「冷え」は大敵。腰とかお尻の近くがいつも冷えてしまうので、その辺りに貼っています。会社に着いたら、たまーに暑いことがあるので、その時は剥がしますが、なるべく付けています。あ、もちろん、低温やけどをしないように、何枚か重ね着した上に貼っていますよ。

それから、少し高いので本当に寒いときだけ使うのが「よもぎ温座パット」です。壇蜜さんのCMを見たことある人もいるかもしれませんが、あのCMのように本当に「じんわり」と温かさが伝わってきます。最も冷やしてはいけない部分なのでとても気を使いますし、こういう商品は冷え性の私としては本当に嬉しいですね。

そしてもう一つ。カイロで有名なキリバイの「足の冷えない不思議なくつ下」もオススメです。騙されたと思って買ってみましたが、商品名の通り不思議なほどじんわりと温かさが続きます。タイツの上にこの靴下を履いて、更にUGGブーツで外に出れば、足の冷え対策は完璧です。値段が高いのが少しネックでしたが、この1週間の寒波到来の中、「買って正解!」と思いました。

昔、おばあちゃんが「冷えは万病のもと」って言ってました。wanganistaな皆様も冷えには気をつけて、ぬくぬくとこの冬を乗り切ってくださいね♪