みなさん、こんにちは。Risottoです。
先週末の「東京マラソン」、皆さんもご覧になりましたか?
私は体調が悪かったので、家の床暖房を付けてゴロゴロしてました。

ところで、東京マラソンを見ながら「絆」って言葉が出てきたのですが、正直嫌いです。だって、「絆」って、見えないものかつ自然に生まれるものであって、お互いが意識しあって作っていくものではないはずでしょ。言葉にした瞬間に、「押し売り」のようになってしまいませんか? 

先日、Yahoo!ニュースで組体操事故の記事を読みましたが、その中で、

「先生が 絆だから! 絆なんだよ!」と言いながら練習をさせていた

と書いてありました。私が小さいころ通っていた学校の体育教師も、「絆」とか「仲間」とか、よく言ってた気がします。日本の学校教育は、こうやってマイルドヤンキーを量産してきたんでしょうね。それを考えたら、恐ろしくなりました。

「絆」とか「仲間」とか、そんなの口に出して言うことではない。

「絆」とか「仲間」とか、そんなの口に出して言うことではない。

湾岸に住んだ理由の一つとして、地縁深い人がいないというのがあります。私は地方出身で、中学生のときに地元ヤンキー集団に絡まれて、多少イジメられてみたいなことがあり、そういうことを自分の子どもには味わってほしくないのです。湾岸エリアは地域柄、そういうのは少ないかなって、何かしらの希望は持っています。

我が家はまだDINKS暮らしですが、子どもが生まれたら、私の口からも「『絆』や『仲間』という言葉に縛られる必要はないんだよ」と教えてあげたいと思っています。それが、子どもをマイルドヤンキーにしない第一歩なのかもしれません。